<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=360133424683380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

ベトナムの国内ギャンブルプログラムが延長される可能性は低い

ベトナム政府は、市民がギャンブルをすることを禁止する法律を保持し、3年間のパイロットプロジェクトを締結する可能性が高い

Asia Gaming Briefによると、ベトナムのカジノ運営者たちは、国境閉鎖による収入の激減を理由に、ベトナム国民がギャンブルをすることを許可するよう政府に訴えている。現在、ギャンブル事業者は、3年間のパイロットプロジェクトの一環として、ベトナムのパスポートでしか顧客にサービスを提供できない。以前は、外国人だけがギャンブルをすることが許されていた。

ietnam: Renewables investors look cautiously at a market plagued by riskベトナム政府はカジノへの最低投資額20億ドルを義務付ける規制を課した。外国人にしかサービスを提供できないことを考えると、その数は異常に多い。潜在的な外国人起業家の関心が高いにもかかわらず、このようなハードルは投資家の行動を妨げている。投資家候補の1人はLas Vegas Sandsで、敷居の発表後にすべての計画からの撤退を発表した。

ベトナム政府は、Phu QuocのCorona Resortで3年間のパイロットプログラムを実施している。カジノの所有者は、このプログラムを拡大するための政府からの連絡をまだ受けていない。

ホーチミン市のDezan Shira & Associatesでビジネスインテリジェンス担当のアソシエイトディレクターを務めるSaponti Baroowa氏は、 「政府の主な関心事は、地元住民をギャンブルによる潜在的な社会的リスクにさらすことではないだろう。

「これらのパイロットプログラムはあるが、それは政府が実験しているものだという見解を私たちに与えてくれるが、近いうちに国内の大口消費者に開放される可能性は非常に低いと私は思う。」

ベトナムは観光に大きく依存しており、その結果、iGamiX Management&ConsultingのマネージングパートナーであるBen Lee氏は、ベトナムは目的地としての 「眠れる巨人」 であり、国境が再び開かれた後も中国で人気があり続けると考えているが、外国人専用市場への20億ドルの投資がほとんどのリゾートを成功させないことに同意すると述べた。

パンデミック前の2019年、ベトナムは1800万人の観光客を数え、前年から16%増加した。特に中国人観光客は580万人で、ベトナム旅行を楽しんでいるようだ。

観光地としての人気にもかかわらず、アナリストは規制がゲーム産業の強力な発展を妨げるだろうと述べている。

sia Gaming 2030Bernstein ResearchのアナリストVitaly Umanskiは今月初めにマニラで行われたSiGMAのバーチャル・ロードショーで、 「ベトナムでの問題は政府が何を作る必要があり、何を規制上のテーブルに載せるかについて非現実的な期待を抱いていることだ」 と述べた。

「地元市場がなければ、数十億ドルのリゾートは機能しない。1億ドルから1億5000万ドルの不動産は、外国人をターゲットにすることができて、そこに行くのが簡単で、税金もよさそうで、規制環境も緩やかであればうまくいくが、もしそういうものがなく、数十億ドルの不動産を持っていて、地元市場がなければうまくいかない。」と彼は付け加えた。

SiGMA ロードショー: 次はドイツ

洞察に満ちたコンテントと新たなビジネスチャンスに満ちた、2時間の魅力的な時間をバーチャルでお楽しみください。これらのユニークでインタラクティブなバーチャルミニ会議は、毎月異なる国で開催されます。次はドイツです、会話に参加してください。コンテンツのローカライズから規制の動向まで、さまざまなトピックを取り上げます。今すぐ登録してください!

関連記事

UK Gambling ComissionのCEOであるNeil McArthur氏が退任

最高経営責任者 (CEO) は、規制当局として15年間務めた後、退任 月曜日の午後、UK Gambling Commission (英国賭博委員会) は利害関係者に連絡し、Neil McArthur氏が規制当局から退くことを発表した。 ...