<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=360133424683380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

COVIDの資金が緊急に必要なため、フィリピン政府はオンラインサボンを承認せざるを得ない

政府は、オンラインサボンのライセンスによって、月にP 250からP3億5000万の収入を得ると予想されている

Philippine Amusement and Gaming Corporation (PAGCOR) は、 「Online Sabong (オンラインサボン) 」 と呼ばれる、闘鶏の実戦に賭ける事業を許可した。パンデミックのために政府の追加資金が緊急に必要となり、このスポーツの規制はさらに厳しくなった。
 
Offshore and Online Gaming担当SVPのJose Triaは月曜日に、「また、オンラインで闘鶏をする熱狂的なファンには、騙されたり、苦労して稼いだお金を奪われたりしないように保護し、ライセンスを与える必要がある。」と語った。


Triaは、 「オンライン闘鶏オペレーターがライセンスを持っていれば、PAGCORはオンライン・ベッターの利益を監視し保護することがより容易になるだろう」 と説明した。

joseDomingo氏によると、Online Sabongを運営するためのライセンスを申請した5社のうち、認可を受けたのはPitmaster LiveのThe Lucky 8 Star Quest Inc.とBelvedere Corp.の2社のみで、7500万ペソの資本金と履行保証金を含む書類上の要件を満たした後、オンラインで闘鶏を運営するためのライセンスを取得したという。

Domingo氏は、 「他に4人が並んでいるが、進行するための通知を受け取ることができるように、彼らは私たちにその料金を支払う必要がある」 と述べた。Domingoはさらにこう付け加えた、 「われわれはこれが月額2億5000万ペソから3億5000万ペソの収益をもたらすことを期待している」 。
 
トラリアは、PAGCORからライセンスなしで操業する者は逮捕されると警告した。Trias氏によると、PAGCORは、ライセンスを受けている各オンラインサボン会社から毎月1億ペソを集めているという。
 
SiGMAの次のロードショーの焦点はマニラで、Andrea Domingoを含む規制委員会のメンバーがフィリピンのゲーミング規制について意見を述べる。
 

フィリピンでは3000年前から闘鶏が行われている。ゲーミング活動は、本質的に2つの雄鶏/雄鶏をアリーナに配置し、2つの間で勝利を得ることに賭けることです。コックピットアリーナでの実戦操縦の規制は、当該地方自治団体によって規制されている。一方、オンラインサボンやeサボンの規制はPhilippine Amusement and Gaming Corporationによって行われている。

SiGMA ロードショーについて:次はマニラ

洞察に満ちたコンテントと新たなビジネスチャンスに満ちた、2時間の魅力的な時間をバーチャルでお楽しみください。これらのユニークでインタラクティブなバーチャルミニ会議は、毎月異なる国で開催されます。次はマニラです、是非とも参加してください。Esportsから規制動向まで、さまざまなトピックを取り上げます。今すぐ登録してください!


関連記事

フランス:2021年第1四半期、オンラインゲーミングの収入は35%増

フランスのゲーム規制当局であるANJは、同国のオンラインゲーム収入が35%増加し、今年第1四半期は5億8700万ユーロ (7億1500万ドル/5億500万ポンド) に達したと報告した フランスの2021年第一四半期のオンラインゲームの収入は、前年同期比で35%増加した。

Nagacorp、月間運用コストを200万ドル削減

カンボジアのカジノ 「Nagacorp」 、新型コロナウイルス対策の財政的影響で雇用と給与を削減 カンボジアの首都プノンペンにあるカジノ唯一のNagacorpは、2020年に1億200万米ドルの利益を記録したにもかかわらず、新型コロナウイルスによるロックダウン (都市封鎖) ...

GamCare、女性支援プログラムをさらに拡大

GamCareが女性支援プログラムの実施を推進 COVID-19のパンデミック期間中、NHSが実施した調査では、女性がギャンブルで苦労すると、社会的・精神的な健康上の問題を経験する可能性が高いことが明らかになった。