Element Partners社、Allied Esports Entertainment社のWorld Poker Tourを買収

両社は総額7825万ドルの契約に合意

世界的なeスポーツエンターテイメント企業であるAllied Esports Entertainment社 と Element Partners社は、株式非公開の投資会社であり、本日、要素がAllied Esports Entertainment Inc.のポーカー関連事業と資産 (World Poker Tour®を構成する企業を含む) を買収する契約を締結したと発表した。

契約の条件に基づき:

Element社はWorld Poker Tourを総額7825万ドルで買収します。これには6825万ドルの前払い金と、WPTブランドのトーナメント入場料の5%を完全に保証された収益分配金が含まれる。最大1000万ドルで、契約終了後3年間で支払われています。

Allied社の取締役会は、同社の株主が取引を承認し、必要な規制上の承認やその他の慣習的な閉鎖条件に従うことを前提に、2021年の1月末か2月初旬に完了する予定である取引を承認した。

さらに、Alliedの取締役会は、「COVID-19の世界的流行の際にゲームやeスポーツが急速に成長し人気を博したことを受けて、eスポーツ事業の戦略的オプションを検討する」にも同意したと述べた。

Allied Esports社がWPTとeスポーツ事業を売却すれば、社名を変え、 「現金資源を使って、リアルマネーゲームやその他のゲーム部門を含むが、それに限定されないオンラインエンターテインメントの機会を探る」 ことになる。

Allied Esports Entertainment社のCEOであるFrank Ng氏は次のように述べている。

frank ng | SiGMA NEWS

「COVID-19のパンデミックにより多くの課題が生じているにもかかわらず、WPT事業は特にオンラインプラットフォームとサービスを通じて大きなインパクトのある結果をもたらし、当社に大きな貢献をしてきました。さらに、世界的に有名なHyperX Esports Arena ラスベガスとクラス最高の生産サービスを提供するAllied Esports社は、パンデミックの注目を集めました。」

Allied Esports Entertainment社のCEOも、同社の全体的な収益創出と収益性のタイムラインがパンデミックの影響を受けているため、COVID-19はこの決定に影響を与えたと述べている。

そのため、WPT事業の売却は、多額の資金と「株主に迅速なリターンをもたらす新たな機会を決定する手段」 になると確信しています。

ソースページ: Igamingbusiness

SiGMAの改良されたウェブサイトの件:

SiGMA グループは、ブランドを一新したウェブサイトの外観を公開した。SiGMAは、品質への取り組みと長年の成功により、強力なブランドの発展を育み、ゲームとテクノロジーの段階で世界的な影響力を持つ企業へと進化してきました。新しいレイアウトは、よりグローバルな視点へのゲーム業界のシフトを反映して、総合的なユーザーエクスペリエンスを提供し、SiGMAの成長する国際的なポートフォリオは、4つの大陸にわたって新しいコアイベントを立ち上げる。

関連記事

Pragmatic Play: クラシックを洗練

Mega Rouletteは、今までとは少し違うものを探しているライブカジノゲームのファンと、視野を広げたいスロットゲームのプレイヤーの両方にアピールするように設計 ...