<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=360133424683380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

ミシガン州、iGamingから早期の報酬を獲得

 

同州の早期の歳入と税制上の優遇措置を受けて、専門家はなぜオンラインゲームが米国でより広く採用されていないのかを疑問している

筆者 Mark R. Smith, U.S.特派員
 
最近ミシガン州でオンラインゲームが導入され大成功を収めており、同州の3月の売上高は9510万ドルだった。

この驚くべき数字は、州が1月22日にローンチしたiGamingの最初の1ヶ月後の2月の数字から19.3%の増加を表している。3月までに、インターネットゲームの総収入は2億410万ドルに達した。

この9510万ドルという数字は、iGamingを合法的に提供しているアメリカの5州の中ではミシガン州が第3位で、ニュージャージー州が1億1370万ドル、ペンシルベニア州が9770万ドル (デラウェア州とウェストバージニア州も含む) で続いている。

ミシガン州議会:現在の状況は?

ミシガン州議会は2018年にiGaming関連法案を可決したが、Rick Snyder前知事によって拒否された。同州議会は2019年に同法案を再び可決し、Gretchen Whitmer現知事の署名を得て成立した。

KALM.RICHARD_S._EXEC.DIR法案は毎回かなりの多数で議会を通過したが、2019年に成立したiGaming法案は、2018年の法案に含まれていたものよりも税率が高かった (この角度については後述) 。

この初期の成功の要因の1つは、COVID-19のパンデミックだったかもしれない。「確かに、ミシガン州の住民は公衆衛生危機の間、自宅で過ごす時間が増えた。」と、ミシガン州賭博管理委員会 (MGCB) のRichard Kalm事務局長は述べた。「彼らが賭けをオンラインにすることを選んだのは、ウイルスが脅威であり続ける間、公共の場所に行くことに抵抗があったからかもしれません」 。

今後数カ月のうちに、この点についてさらに学ぶべきことがあるかもしれない。3月、デトロイト市のカジノは、2020年3月に閉鎖が始まって以来、最高の月間総収益 (テーブルゲーム、スロット、小売スポーツべッティングによる1億1384万ドル) を記録した。

それでも、プロバイダー各社はミシガン州で大々的な広告キャンペーンを展開しており、複数のプロバイダーが統合されたことで、競争の激しい市場で事業を獲得するための特別なマーケティングやプロモーションを展開するようになったとの見方もある。

現在、オンラインゲームやスポーツべッティング、またはオンラインスポーツベッティングのために認可された12社の運営会社とプラットフォームプロバイダーがあります。その他の3つのオペレータおよびプラットフォームプロバイダーは、規制要件を満たしていないと、MGCBから許可を得られません。

iGamingの初期の好調な数字は、なぜインターネットベッティングを合法化することがどの州でも良い考えではないのか、多くの観察者に疑問を抱かせた。それに関してKalm氏はこう言った:

「州によって異なる。ミシガン州の議員は、2018年のPASPA (Professional and Amateur Sports Protection Act) の決定後、オンラインゲームとスポーツベッテイングを合法化する法案を可決しました。ミシガン州議会は、この法案を推し進める政治的意志を持っていました。」

しかし、2019年の法案より高い税率は、ミシガン州ではすでに効果を上げています。ワシントンD.C.に拠点を置くゲーム業界コンサルタントのJohn Pappas氏は、iGamingが同州にもたらしている税収について指摘した。

「スポーツベッティングは、3月の州および地方税収入は90万ドル弱だった」 とパパスは言った。「しかし、ミシガン州のiGaming産業は、はるかに少ない騒ぎで、同じ月に2200万ドル以上の税収をもたらした」

iGamingの分野でまだ活動していない45の州の潜在的税収のギャップは 「無視するには大きすぎる」 と彼は言った―特に世界がパンデミックに苦しむ市場の中で働いているからだ。

「もしあなたが議員で、収入を上げる方法としてスポーツベッティングに目を向けているなら、もしあなたがiGamingを合法化していなければ、あなたは国を汚していることになる。」とPappasは言った。「スポーツべッティングは人気があり、多くの注目を集めていますが、州にとっての真の機会は、スポーツ、カジノ、ポーカーといったオンラインゲームの三頭体制を規制することです。」

「それぞれの製品は互いに利益をもたらし、消費者、事業者、州に利益をもたらす大きな相乗効果を生み出す。」 と彼は言った。 「それは州がCOVID-19の赤字から抜け出す方法にもなります。」 

David G.Schwartzもその点を指摘した。ネバダ大学ラスベガス校のゲーム史研究者であるSchwartz氏は、 「ミシガン州が示した数字が正しければ、他の州もオンラインギャンブルの合法化を検討している可能性がある」 と述べた。

「 (彼らは) オンライン・ギャンブルの分野におけるニュージャージー州の長年の実績を示している」 と彼は言った。

SiGMA ロードショーについて:次はマニラ

洞察に満ちたコンテントと新たなビジネスチャンスに満ちた、2時間の魅力的な時間をバーチャルでお楽しみください。これらのユニークでインタラクティブなバーチャルミニ会議は、毎月異なる国で開催されます。次はマニラです、是非とも参加してください。Esportsから規制動向まで、さまざまなトピックを取り上げます。今すぐ登録してください!

関連記事

2021年度新アフィリエイトサイト

  アフィリエイトマーケティングとは何ですか?2021年にアフィリエイトマーケティングでブログコンテンツを収益化するにはどうすればいいですか ...