<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=360133424683380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Nagacorp、月間運用コストを200万ドル削減

カンボジアのカジノ 「Nagacorp」 、新型コロナウイルス対策の財政的影響で雇用と給与を削減

NagacorpDaylightカンボジアの首都プノンペンにあるカジノ唯一のNagacorpは、2020年に1億200万米ドルの利益を記録したにもかかわらず、新型コロナウイルスによるロックダウン (都市封鎖) の緩和策として、月次のランニングコストを約200万ドル削減することを目指していると述べています。最も注目すべきは、この事業者が他のプログラムとともに雇用削減と従業員給与の削減を追求することである。

 

NagaWorldは、3月2日にCOVID-19のケース急増のためカジノ事業を停止して以来、収益はゼロにとどまっている。

Nagacorpは閉鎖前の二ヶ月間の平均月間支出は1970万ドルで、ランレートコストは860万ドルであると宣言した。同社はこの数字を200万ドル引き下げて660万ドルとし、債務返済後に580万ドルを230万ドルに引き下げることを目指している。

NagaWorldは今月初め、新型コロナウイルスのパンデミックによる財政難を理由に、約600人の陸上従業員を解雇した。昨年は利益を計上したが、2020年の配当金を支払った唯一のグローバル企業の一つである。

 

スタッフとの会合は継続中で、大半は相互の分離協定を受け入れている、とそれは述べた。「会社は、影響を受けた従業員に、他のキャリアやビジネス上の利益への移行を支援するためにカンボジアの適用法で要求されている以上の解雇補償を強化する」 とそれは言った。

同グループの年次報告書によると、同社は2020年12月時点で8,371人を雇用しており、2019年の8,625人から減少した。3月、カンボジアはシェムリアップ州に 「Angkor Lake of Wonder」 (ALOW) と呼ばれる非ゲーミング統合型リゾート (IR) を3億5,000万ドルで建設するナガコープの計画を却下した。

Asian Gaming Briefによると、カンボジアでは月曜日に新たに600人の症例が報告され、合計266人が死亡したと報告されている。

 

SiGMA ロードショー: 次はドイツ

洞察に満ちたコンテントと新たなビジネスチャンスに満ちた、2時間の魅力的な時間をバーチャルでお楽しみください。これらのユニークでインタラクティブなバーチャルミニ会議は、毎月異なる国で開催されます。次はドイツです、会話に参加してください。コンテンツのローカライズから規制の動向まで、さまざまなトピックを取り上げます。今すぐ登録してください!

関連記事

「今後も厳しい対応を継続していきます」 -日本の大臣が、オンライン違法活動との取り組みを確認

自民党国家公安委員会委員長、オンラインギャンブル規制改革案を否定   日本の民主党の森山博之氏は衆院予算委員会で、海外のギャンブルサイトの利用がパンデミック発生以来増加していることから、日本のオンラインギャンブルに対する規制が変わったのではないかと質問した。 ...