<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=360133424683380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

PAGCORはOkada Manilaのオンライン事業を承認

陸上からオンラインへ:Okada Manilaがオンラインゲームサービスの開始を許可取得

日本の大手ゲーム会社Universal Entertainment Corp.によると、フィリピンのカジノ規制当局PAGCORは、Okada Manilaのカジノリゾートにフィリピンの首都でのオンライン賭博を許可したという。

Universal EntertainmentがJasdaqに提出した書類によると、Tiger Resortは4月19日、PAGCORからオンラインゲーム事業への参入を承認する書簡を受け取ったという。Universalは規制当局の書簡を提出書類に添付した。

Universal Entertainmentは、 「カジノライセンス料の適正な徴収やマネーロンダリング (資金洗浄) 防止など、カジノ規制の遵守状況の確認や模擬実験など、様々な条件をクリアした後、システムを稼動する予定だ」 と明らかにした。

同社によると、Okada Manilaは 「メトロマニラのEntertainment Cityを構成する4つの統合リゾートの中で最初に」 認可を受けたリゾートだという。

Angeline P. Papica-Entienza.Universal Entertainmentの提出書類に添付されているPAGCORの承認書には、Tiger ResortがOkada Manilaでテーブルゲームと電子ゲーム機のオンラインゲームを実施することを要求したことが、PAGCORによって4月15日に開催された会議で承認されたと記載されています。この文書には、PAGCORの副社長補佐Angeline P.Papica-Entienzaが署名している。

PAGCORが提出した書簡には、Okada ManilaのオンラインゲームをサポートするためにTiger Resortが導入するシステムは、 「税金とライセンス料の適切な決定について監査できるものでなければならない」 と書かれている。
PAGCORの書簡に加えて、このシステムは 「未成年者や禁止された人がプレイするのを防ぐことができなければならない」 し、 「資金洗浄の防止や責任あるゲームの実行など、その他の保護措置を含むことができなければならない」 。

PAGCORは、 「オンライン/リモートゲームの急増はあってはならない」 と結論付けた。
Universal Entertainmentは、月曜日に提出した書類の中で、Okada Manilaでのオンラインゲームの認可を 「第一歩」 と考えており、 「独自の技術を使ってオンラインスポーツ賭博ゲームを開発し続ける」 と付け加えた。

「Universal Entertainmentが提出した書類によると、PAGCORが受け取ったオンラインゲームの認可が フィリピンのインランド・ゲーミング・オペレーター(PIGO)ギャンブルに言及しているのかは不明だ。」

昨年末、SiGMA Newsは、PAGCORが中国本土を中心とした国際的な賭博師をターゲットにしているフィリピン沖ゲーム事業者 (POGO) とは反対側のフィリピン国内にある国内VIPハイローラー向けのオンライン賭博サービスにPIGO免許を導入したと発表した。

PACGORの会長、Andrea Domingoは以前、VIPプレーヤーを対象としたPIGOサービスに加えて、プレーヤーはフィリピンの居住者であり、陸上カジノに資金を預ける必要があり、プレーヤーは顔認識技術を使って識別されると述べた。

フィリピンのカジノ規制当局のトップは昨年12月、マニラのEntertainment Cityの3つのゲームリゾート (Bloomberry's Solaire Resort & Casino、Melco Resorts' City of Dreams、Okada Manilaを運営するUniversal Entertainment Group) とSubic Bayのオペレーターが、PIGOライセンスを使用して国内のプレーヤーにサイト経由でオンラインゲームを提供するために割り当てられた場所の1つであると述べた。

来月開催されるSiGMA Virtual Roadshowにご参加ください。マニラのアジェンダでは、フィリピンのゲーム規制当局PAGCORのCEOであるAndrea Domingo氏の基調講演が行われ、PIGOS、アジアにおけるゲームのトレンドと予測、パンデミック後の市場回復など、規制の話題に焦点が当てられる。

 

SiGMA マガジンについて:

SiGMA マガジンは、ゲーム業界にスポットライトを当てる、2年に1度の究極の雑誌です。ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカ大陸の5大陸をカバーし、世界中から寄稿者が集まっている。出版物は全世界の読者に配布され、印刷部数は1万部で、膨大な顧客ベースに関する限定コンテンツを読者に提供しています。世界中のユーザーのため、SiGMAはコンテンツを大陸に応じた特定の言語で翻訳するために社内翻訳者を利用しています。この雑誌は、当社のデジタル版を介してオンラインで入手でき、SiGMAの年次ショーでも配布されます。次号へのご参加をご希望の方は、Katyまでご連絡ください。

 

 

関連記事

2021年度新アフィリエイトサイト

  アフィリエイトマーケティングとは何ですか?2021年にアフィリエイトマーケティングでブログコンテンツを収益化するにはどうすればいいですか ...