<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=360133424683380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

SiGMA ロードショー:マニラが成功するに決まってる

アジアが回復の途上にあることから、SiGMA ロードショーの第3回ツアーでは、アジアのゲーム市場を取り巻くさまざまな主要トピックといくつかの国・地域の将来の見通しに触れた

SiGMA バーチャル・ロードショー- マニラでは、素晴らしい講演者の他に、2000人以上の参加者の登録と2574のコンファレンス視聴があった。登録者数も350万人を超え、出展ブース数も10人を突破した。この仮想ロードショーは中国語と英語の2つの言語で提供された。これはアジアのコミュニティから歓迎されたジェスチャーであった。

開会の基調講演

Opening keynotePAGCORの会長兼CEOであるAndrea Domingo氏は、開会の基調講演で、SiGMAの取り組みを支持する強いメッセージを発信し、自身の専門知識を披露した。

彼女は続けて、フィリピンのゲーム業界が今後3~5年の間にこの業界を支配するために、さまざまな種類の技術を使って新しい市場や製品を開拓することを期待していると述べた。彼女はまた、デジタルとオンラインプラットフォームに照らして強化されるべきオフショアゲーム事業者の規制政策を軽くする。


Domingo氏は自身の言葉で、 「デジタル世界への急速なシフトについていくことが非常に重要だと思う。ライブスロットも導入しました。これはオンライン賭博を意味しますが、プレイできるのは統合されたリゾートとカジノのVIPプレーヤーだけになります。

合法的な運営者を保護し、彼らの収入を維持するために、私たちは大統領府、フィリピン国家警察、移民局、移民局とのより強力なパートナーシップを構築しています-彼らは現在、国の違法なオンラインギャンブルを積極的に抑制しようとしています。」


2021年以降:通常に戻る

2021 and beyondこのエキサイティングなパネルでは、3人の業界専門家がモデレーターのYanni Collinsと共に、パンデミックの真っただ中に大きな被害を受けたアジア、ヨーロッパ、および米国におけるゲーム業界の将来の展望について議論する。

議論をリードする3人のパネリストは、Kalamba GamesのCOO兼共同創設者Alex Cohen、Hong Kong Blockchain Associationの共同議長であるTony Tong、DFNN Groupの社長兼グループのCEOであるCalvin Limがいる。

Tony Tong氏がマカオでの地上ゲームについて語ることは、マカオのマスゲーミング市場が成長し、VIPゲームが縮小する可能性があるため、マカオのビジネスが理想的には今年正常に戻ることを肯定的に見ている。

Alex Cohen氏は、 「ヨーロッパに拠点を持つ企業の多くは、オンラインでもプレゼンスを持っており、ユーザーベースを奪ってオンラインで彼らに連絡を取ろうとしている」 と述べた。

2021年以降が正常であることが証明されることを期待して、パネリストは、前進する陸上カジノとオンラインゲーム運営の必要な融合に関して非常に貴重な情報を提示した。

PIGOS:最新の規制動向

Pigos regulation trends次のパネルでは、Yanni Collins氏に、Jade EntertainmentのCEOであるJoe Pisano氏と、Pixil AsiaとDragon Points Liveの創業者兼CEOであるLoren Stout氏の2人のアジアのゲーム専門家が加わり、フィリピンの国内ゲーム事業であるPIGOについて話し合う。ここでは、PIGOの最新の傾向と規制について焦点を当てて説明する。

Joe Pisano氏は、PAGCORが、特にパンデミックという困難な時期に、アジアで最初の規制機関であり、存在していたゲームの問題を解決する先手を取ったことを称賛している。


「PAGCORは、他の多くの法域が以前から望んでいたことを実行するイニシアチブを示してきました。彼らは陸上とオンラインのギャップを埋めるための一歩を踏み出した。

私たちは地上のゲーミングをグレーマーケットに引き渡すことはできません。適切に規制される必要があり、PAGCORはそのための規制と認証を導入しています。」

Loren Stout氏は、 「ここでの利点は、存在する可能性のある潜在的な闇市場を規制し、オンラインビジネス向けに現在提供されているオンラインサービスのローカライズを支援することになるだろう」 と述べている。

彼らは、他のアジア諸国におけるオンラインゲームの主要な傾向や態度、規制を語り明かした。

アジア・ゲーミング2030

Asia Gaming 2030この重要なパネル討論では、2NT8 Limitedの代表的な専門家であるAlidad Tash氏と、マネージングディレクターでシニアアナリストでもあるVitaly Umansky氏が、アジアの主要管轄区域のことやパンデミックの先に何があるのかについて議論します。

Alidad Tash氏は、マスゲーミングへのシフトがあると考えており、これにはゲーム以外の要素をもっと強調することも含まれていると言い、これは「政府が長い間推進してきたことです」と続けている。

中国について、ウマンスキー氏は、中国当局が中国本土内でのジャンケット業界関連ビジネスを厳しく取り締まっていることを強調した。

ジャンケット業界は引き続き大きな圧力を受け、2019年の水準に戻ることはないだろう」 と述べた。

韓国政府は、一部の辺境地域を除いて、自国のゲーム産業を持続させるフィリピンとは反対に、自国のゲーム産業を認めていない。

Tash氏は、議論にタイの主題を持ち出して、 「タイは幻想的な場所であり、おそらく日本に続いてカジノがまだない場所の管轄区域で最も話題になっています。今現在は、10年前よりも今でははるかに可能性が高い環境です。

もしタイでiGamingリゾートが成功すれば、ホスピタリティ、美しさ、グルメの組み合わせは、アジアのゲーミング市場に素晴らしい追加になると思います。」

収益性の高いeスポーツべッティングブランドの確立方法

esports   UltrablayのCEOであるMario Ovcharovは、「収益性の高いeスポーツベッティングブランドを確立する方法」と題した次の基調講演で、eスポーツ企業ができるだけ多くの人にリーチするためには、アジア市場に完璧にフィットする製品を開発するためには、ローカライゼーションに頼るべきだと強調している。

ベットの配置がベッティングサイトの主な目標であるため、彼らのプラットフォームでベットを促進することも検討する必要がある。また、eスポーツのベッティングマーケティングをベースに、オーダーメイドの商品やアフィリエイトプログラム、マーケティングの重要性を強調している。eスポーツはここ数年、デジタル時代のエンターテインメントの主要な発信源の1つとして爆発的な成長を遂げてきた。

今後のイベント

SiGMA ロードショーの次のイベントは6月にドイツ、7月にナイジェリアを中心に開催される。第2戦は9月にルーマニア、10月にニュージャージー、11月に台湾で、12月にオランダで1周する。イベントと議題の完全なカレンダーはこちら。

SiGMA のバーチャルロードショーに参加したい方はこちらに連絡して登録してください。

SiGMA ロードショー: 次はドイツ
洞察に満ちたコンテントと新たなビジネスチャンスに満ちた、2時間の魅力的な時間をバーチャルでお楽しみください。これらのユニークでインタラクティブなバーチャルミニ会議は、毎月異なる国で開催されます。次はドイツです、会話に参加してください。コンテンツのローカライズから規制の動向まで、さまざまなトピックを取り上げます。今すぐ登録してください!

 

関連記事

2021年度新アフィリエイトサイト

  アフィリエイトマーケティングとは何ですか?2021年にアフィリエイトマーケティングでブログコンテンツを収益化するにはどうすればいいですか ...