<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=360133424683380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Suncity Group、和歌山IRから撤退

和歌山県は、県内唯一のRFP参加者はClairvest Neemであることを認める

和歌山県は、県内唯一のRFP参加者はClairvest Neemであることを認める。

GGGRAsiaが報じたように、Suncity Holdings Japan株式会社は、日本の和歌山県におけるカジノリゾートの誘致に関する提案依頼 (RFP) プロセスから撤退した。

和歌山は今週木曜日に送ったメールの中で、Suncityからの撤退書簡を受け取ったことを明らかにした。これは、起業家のAlvin Chau Cheok Wa氏、私企業マカオのジャンケット投資家Suncity Group Ltd.のボスにリンクされている。

これで和歌山RFPは延期され、たった1社 (大阪など) (カナダに拠点を置くClairvest Neem Ventures) だけが総合リゾート、つまりIRスキームの競争に残った。

 


同社の日本語ウェブサイトに掲載された会長のAlvin Chauの言明はこう説明した: 「我々は熟慮の末、新型コロナウイルスの感染拡大によって業界に多大な影響を与えている中で、この難しい決断を下した。多くの企業が長期的な不確実性を予想しており、日本のIR認証プロセスは予想よりもはるかに長い時間がかかるようです。不明な点も多いですが、事業者としてリスクを考えなければなりません。」

Suncity alvin chauChau氏は、Suncity Holdings Japanの和歌山県との関係に際し、同県の人々から示された 「親切」 に 「心から感謝している」 と付け加えた。

それでも、和歌山県はGGGRAsiaに対し、カジノリゾートの誘致に関してはRFPのスケジュールを守っていることを確認し、延長する予定はないと述べた。

Clairvestは昨年9月に和歌山市に事務所を開設し、地元プロバスケットボールチーム 「和歌山トライアンズ」 とのスポンサーシップ契約や、地元ヨットコミュニティとの交流など、地域支援を積極的に展開している。

和歌山県は、関西国際空港から約40キロメートルのマリーナシティにある約58.3エーカーの民間所有地で、 「スポーツ&ウェルネス」 をテーマに、複数のホテルや展示施設、小売要素を統合したラスベガス型カジノリゾートを構想しているという。

SiGMAニュース:

責任あるギャンブルやeSportsからDeep Techやオンラインゲームに至るまで、ゲーム関連のメディアが最新情報を世界に発信しているこのニュースポータルは、ゲーム業界やテクノロジー業界の詳細情報を提供している。SiGMA ニュースは、調査報道から業界のエリートや専門家主導の思想的指導者へのインタビューに至るまで、多様な声を多数発表し、一貫性のある多様なコンテンツを提供しています。

関連記事

「今後も厳しい対応を継続していきます」 -日本の大臣が、オンライン違法活動との取り組みを確認

自民党国家公安委員会委員長、オンラインギャンブル規制改革案を否定   日本の民主党の森山博之氏は衆院予算委員会で、海外のギャンブルサイトの利用がパンデミック発生以来増加していることから、日本のオンラインギャンブルに対する規制が変わったのではないかと質問した。 ...