日本初の暗号資産導入

Enjin Coin(エンジンコイン)は日本の規制当局によって最初に承認された暗号資産となり、1月26日にコインチェック取引所に上場

日本の規制当局がEnjin Coin (ENJ) にゴーサインを出し、日本の規制当局によって承認された最初の暗号通貨となる、記念碑的な判決が下される。この合意は株式会社HashPortとのパートナーシップを通じて可能になった。Enjin Coinは1月26日にコインチェックに上場される予定で、2017年に最初に開発したEnjin Coinは、ノンファンジブルトークン (NFT) 技術も活用している。

このニュースは、2021年1月19日にEntain Coinが発表した声明を通じて公表された。

この合意の下で運営されているのは、日本の金融庁 (FSA) によって正式に承認された自主規制機関である一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA) であると、Entain Coinは発表した。この契約により、日本のユーザーは円でENJを購入し、Bitcoinと取引することができる。JVCEAの承認には 「厳格な審査プロセス」 が含まれる。

市場データによると、ENJは発表後に71%以上上昇し、現在0.4073ドルの価格を維持している。

EnjinのCEOであるMaxim Blagovさんは、今回の判決が日本での暗号化の普及を促進する助けになることを期待している。

unnamed (7)スーパーマリオブラザーズからポケットモンスター、ファイナルファンタージーまで、日本はゲーム業界におけるパイオニアです。日本のイノベーション文化は、Enjinの企業文化と一致します。私たちは、最も優れたブロックチェーンゲームのいくつかは、日本から生まれると信じています。そして我々は、ブロックチェーンという強力な技術を、開発者が最大限に活用できるように支援いたします。

HashPortのCEO、吉田 世博さんはEnjin Coinの承認プロセスについて次のように述べている。

2019年、Enjinは日本市場への参入を果敢に決断し、市場の状況にかかわらず、この分野でビジネスを成長させることを決意しました。Enjin1年以上のデューディリジェンスの後、Enjin Coinのコインチェックへの承認と上場はEnjinとそのブロックチェーンプラットフォームの日本での採用にとって祈念しております。

最後に:  

パートナーシップが発表されて以来、Enjinチームは国内のさまざまな大手企業やプロジェクトと協議を重ねてきました。彼らがこのマイルストーンを達成し、日本のゲーム業界とその先に良い影響を与えることを支援できることを光栄に思います。

ソースページ: Bitcoin  

 

 

SiGma新しいブランディングの件:
 

SiGma Groupは、新しいブランドのウェブサイトの外観を発表した。SiGMAは、品質への取り組みと長年の成功により、強力なブランドの発展を育み、ゲームとテクノロジーの段階で世界的な影響力を持つ企業へと進化してきました。新しいレイアウトは、よりグローバルな視点へのゲーム業界のシフトを反映して、総合的なユーザーエクスペリエンスを提供し、SiGMAの成長する国際的なポートフォリオは、4つの大陸にわたって新しいコアイベントを立ち上げます。

Related Posts

Wallstreetbets.comドメインが市場に登場

これは今年販売された最も注目されているドメインかもしれないし、このユニークなドメインに関心が集まるのを見るのはエキサイティングだ ...